日常的に銃がある国

海外ドラマをよく見るのですが、日本と違って日常的に銃がある国はやっぱり怖いですね。
危ないものだらけだし簡単に人が亡くなってしまうと思います。
ドラマの中では銃規制を無視するこの国はおかしいと主張する男性が、銃をつかって訴えます。
彼は息子の写真を見ては銃を憎む。
しかし、愛する子どもが銃乱射で亡くなる、ではなく、いじめをうけていて犯人となって銃を乱射して子供を殺した方でした。
命を奪われた親が辛いのはもちろんですが、加害者になってしまった親もこの上ない悲しみでしょう。
銃で命を奪った犯罪者であり息子の人生もなくなり、一生非難される立場となる。
銃さえなければとの訴えをあの国が受け入れることはないのが悲しいですね。

コメントは受け付けていません。