テントウムシと香水

朝、出勤しようとしていたときに床にテントウムシがいたんです。
こんなところに転がっていられたら、私が踏みつぶしてしまうじゃないですか。
テントウムシの命がどうこうではなく、踏みつぶしたりして殺すのが嫌なので外に避難させることにしました。
素手だともちろん、嫌なのでティッシュでそっと対応しようとしているのに、なかなか捕まえられません。
テントウムシが動き回っているわけではなくてつかめないのです。
そうこうしている内になんとか外に出すことが出来たけど、テントウムシ特有のあの匂いがします。
手を洗ってきたのに、なんだかどこかしらに匂いが残っている。
もう普段なら出勤しのために家を出ている時間です。
仕方がないので部屋に香水をシュシュっとして自分もちょっと浴びてから出勤しました。