好みじゃない作風

はじめて読む作家さんの小説は、これからファンになるかもしれないということもあって未知なドキドキがあります。
先日読んだ作家さんもそうでした。
短編集だと仕事から帰ってきて一話を軽く読むことが出来て読みやすいので好きです。
最初の話しを読んだとき、ちょっとしたどんでん返しがありました。
まあ、こんなものかな、と。
その次の話しはファンタジーっぽい。
これも、まあ、こういうオチもあるかなと。
その次の話しを読んでいる内にイライラしてきました。
読者に話しの全貌を見せないようになっているんですけど、それが嫌になりました。
物語としてはその手法もありですよ。
でも地に足がついていない、わけのわからないまま物語を読むのが苦痛な作家さんでした。
もう他の本に手を出す気はなくなりましたね。