途中で止めてはいけません

お医者様に出された薬はきちんと飲みましょう。
これは薬剤師としてはいつも言うことですし、患者さんには守って欲しいことでもあります。
とくに抗生物質は絶対に飲むのをやめてはいけません。
抗生物質とは細菌の疑いがあるときに出されて、病気の原因の細菌をなくすためのものです。
風邪薬は熱や咳などの風によって起こる諸症状をなくすための薬です。
抗生物質を途中で飲むのをやめるとよくないのは、症状がおさまっても病気を引き起こしている細菌がまだ生きている可能性があるからです。
自己判断で勝手に飲むのを止めてはいけないのは重要なことなんです。
薬はなるべく飲みたくないという方がいらっしゃいます。
その気持ちはわかりますが、その自己判断で余計に悪化することがある事を知っていただきたいです。