記憶力チャンピョン

正解共通の記憶の仕方があるので、記憶力チャンピョンの方々がいます。
脳内の血流量を精密に映し出すMRIにかけてみるとどうなったと思いますか?
一般の人よりも活発に動いていたのは、海馬でした。
海馬の中にいる場所細胞という名前の細胞がいます。
場所細胞を上手に使うと記憶できる。
いつも通ったりしている場所におおげさなイメージでおいて覚えておく。
単語だけを羅列して覚えるようりも覚えやすい。
高学歴の芸人さんも似たようなことをしていましたよ。
ラットではある場所を通ると場所細胞に記憶され、また次に通ると他の場所細胞が記憶する。
場所細胞というのが発達しているのは生き物にとっては大切なことです。
何しにきたのか忘れても元の場所に戻ると思い出すことがありませんか?
場所と関連付けて思い出すので、自動的に思い出している。
後部海馬という場所細胞は、たとえばタクシーの運転手さんは勤務歴が長くなればなるほど発達する。

最近見つけたパン屋さん

ホームベーカリーを買ったので普段のパンは我が家で焼くものの、パン屋さんに全然行かなくなった!と言うわけではありません。
家でも色々なパンを焼けば良いのですが、まだあまり使いこなせていないのと、成型の手間が面倒なので大体が食パンになってしまうんですよね。
せいぜいちょっと甘めの食パンにしたり、レーズンパンにしてみたりといったアレンジをする程度。
人参とかカボチャとかバナナとか、色々と試してみたいとは思っているのですが・・・。
でも付属のレシピ本に書かれていないものを試す勇気がまだありません。
失敗したら材料が一気にムダになる~と思うと、試してみるのにちょっと迷ってしまいます。

まあ私と旦那さんは食パンがあれば取り合えず文句ないのですが、娘はやっぱりそれだけだと飽きちゃうんですよね。
なので時々あんぱんやクリームパン、メロンパンを買いにパン屋さんへ行って来ます。
普通のあんぱんやクリームパンならスーパーのパンコーナーでも良いのですが、娘のお目当てはあるお店に売っている可愛いパンです。
あんぱんマンのあんぱんや、ムーミンの顔のチョコパン、花の形をしたクリームパン、亀の形のメロンパン達です。
最近見つけたパン屋さんなのですが、子供向けのパンが色々オ売られているんですよね。
とても小さなお店で、お客さんが5人も入ると動けなくなるんじゃない!?と思うくらいに狭いです。
でも見た目が可愛いだけでなく味も美味しいパン屋さんなので、なかなかに繁盛しているお店なんですよね。

そこのパン屋さんには子供用のパンを買いに行くのですが、もう一つ目的があって、それはシュークリームです。
そこのパン屋さんのシュークリームは生クリームのボリュームが偉い事になっているのに1個たったの100円なのですよ。
そしてケーキ屋さんのシュークリームのように凄く凄く美味しいんですよね。
シュー皮も私好みのパリパリした固めのタイプ。
ケーキ屋さんなら200円はしそうなシュークリームなので、ついでに買うのが楽しみになっています。
子供のパンもほとんどが100円だし、安くて美味しい最近のお気に入りのお店になっています♪

しかし!可愛い形のパンを見ると我が家でも負けずと作ってみたくなりますね。
せっかくホームベーカリーがあるのに全然活用していないのが勿体無くなります。
もともと可愛いパンも作れると思って買ったのにな~とか、子供と一緒に作ろうと考えてたのにな~とか思います。
もっと時間を有効に使ってパン作りにも挑戦しないとダメですね!

<相互リンク>土日休み求人ランキング【※週末のんびり転職ガイド】