逆効果の歩き方

ウォーキングブームはまだまだ健在ですね。
しかしウォーキングを続けていても歩き方が悪いと運動の意味がないどころか逆効果な場合があります。
変形性ひざ関節症は間違った歩き方をするとさらに悪化しますのでひざに優しい歩き方をしましょう。
スポーツ医学が導く正しい歩き方というのがるんですね。
アスリートに歩き方を指導してもらうと簡単に歩くことができます。
どんな風に歩いているか考えてないと体重の3倍くらいがひざにかかってしまいます。
悪い歩き方は圧力がかかるわけですね。
体重60キロの人が正しい歩き方にするとひざにかかる力は180キロですが悪い歩き方は360キロもかかってカボチャも完全につぶれてしまうほとの力がひざにかかるんですって。
ひざが悪いと歩けなくなって老化も進みますから歩き方は重要ですね。