コンビニたそがれ堂

前々から読もうと思っていた、[コンビニたそがれ堂 ~街かどの魔法の時間~]を読みました。
図書館では児童書コーナーにおいてあったので自分でみつけることができませんでした。
探し物がみつかるコンビニ、「たそがれ堂」
そこにはおよそコンビニの接客業にはふさわしくない風貌の青年がいます。
おそらく一回しかいくことができない、不思議なコンビニです。
短編で2話まではほっこりとして良い話しであり、好きでした。
しかしですね、作りこみすぎだと感じた話しがあっていっきに夢から覚めた気分です。
まあ、短編があつまっていると好みの話しとそうでない話しってありますよえ。
このコンビニたそがれ堂はシリーズになっていて他にも本があるんです。
まずは一冊借りてみたんですけど、もうつぎのはいいかなって思いました。