人の意見の違いは人の数ほどある

人の意見の違いは人の数ほどあるくらい、正解はないように思います。
死者が150人を超えて200人をも超えるかもしれない大災害が起きてしまいました。
東京のテレビ局はなぜ特番を組まないのか?
自分たちには関係ないと思っているのか?
そんな話題を出した芸能人に賛成している人が多いというニュースをネット記事でみました。
でも被災地にマスコミがいると邪魔だと思うんですよ。
ただでさえ、食料など生活するうえで不足しているものが多い地域に部外者が入り込むわけですから。
そして帰宅すれば日常がある。
取材に行くにあたって寄付できるようなものをもっていっているとも思えないし、良い映像、泣ける映像を狙っていそうなのも嫌な雰囲気です。
現地に行かなくても特番は組めるかもしれないけど、被災地の人がどう思うかが問題かなと思います。

定職につくことがすべてではない

30歳まで定職につかなかった、という男性がテレビに出ていました。
こう聞くと、うわぁ・・・・ってなります。
そこからアイディアで売りあげを出して今にいたるって話しでした。
とりあえず成功したから美談風になっているし、昔は貧乏だったが成功したというのにもつながるけど、なんだかなぁ。
そもそも、継ぐ店があったということは、いずれ継げばよいという保険のようなものがあったということですよね。
商売をするのは簡単なことではないでしょう。
継がないという選択をしたほうが良いこともあるでしょう。
それでも、ほかの仕事に失敗しても最後の砦がある人の甘えとしか思えません。
定職につくことがすべてではないですよ。
酷い会社はあるので転職も必要ですからね。

逃亡していた脱走犯

逃亡していた脱走犯が捕まりましたね。
真面目な人で妹が入院したか何かの情報で脱走したらしい・・・なんて見解があったのに実際の理由は
『刑務官が嫌だった』でした。
罪を犯して服役していたのだから人間関係が嫌だったのでここではない場所に行きたいなんて言う権利はないです。
だいたい、どこにいたっていじめをする人間や自分勝手なことをして、腹の立つことばかりですよ。
権力のある人の横暴な事とかいじめとかを肯定するつもりはありません。
そりゃあ、よくないことですよ。
それでも嫌だから出ていく権利がない以上は我慢するしかないでしょう。
嫌なら逃げるという習性があるのではないかと疑ってしまいます。
それでは服役後に更生なんてとても無理でしょうね。

合わないドラマかな

海外ドラマを見ていて主人公の女性が好きになれないと見続けるのが辛いです。
とあるドラマ。
離婚済みで娘は未成年で17歳くらい?
警察関係者で知的で美人。
何人かの男性とデートをするんだけど、最後の一線は超えない。
海外ドラマを見てると結構かんたんに口へのキスもするし、そこらへんはあけすけなのに珍しいタイプ?
ただ、イイオンナ風で男性からの夜の誘いを断っているところにイラッときます。
いじわるな目線で言わせてもらえば、50歳近いんじゃないかなぁ?と思うわけです。
まあ、何歳でも美人は美人だし異性を引き付けるものがあるでしょう。
だけど思わせぶりな態度ばかりを年下(たぶん)男性に見せて、はっきりとは振らない。
うざい!ってついつい言ってしまうのは、持てない人間のひがみかな。(笑)

相手にわかりやすいように話す

仕事が終わらずに残業になった日のことです。
私が最後の一人になるときに、先輩薬剤師Kさんがこっちのパソコンの電源は落としておくか?と聞いてきたんです。
私は仕事をしながら、「あ、大丈夫です!」と答えました。
そしたら、「大丈夫じゃわからないよ~。もう、うちの娘もそういうんだから~」って言われてしまいました。
私が消すから大丈夫ですという意味でしたが、「使わないから大丈夫です、消して下さい」という意味にもなりますね。
すみません!と謝ったのに他のことにも、同じように答えてしまって笑われました。
仕事が終わらずに焦っていたからと言っても、ひどいですね。
相手にわかりやすいように話しをしないと駄目だなぁと反省しました。

日常的に銃がある国

海外ドラマをよく見るのですが、日本と違って日常的に銃がある国はやっぱり怖いですね。
危ないものだらけだし簡単に人が亡くなってしまうと思います。
ドラマの中では銃規制を無視するこの国はおかしいと主張する男性が、銃をつかって訴えます。
彼は息子の写真を見ては銃を憎む。
しかし、愛する子どもが銃乱射で亡くなる、ではなく、いじめをうけていて犯人となって銃を乱射して子供を殺した方でした。
命を奪われた親が辛いのはもちろんですが、加害者になってしまった親もこの上ない悲しみでしょう。
銃で命を奪った犯罪者であり息子の人生もなくなり、一生非難される立場となる。
銃さえなければとの訴えをあの国が受け入れることはないのが悲しいですね。

人は嘘をつくときに・・・

人は嘘をつくときに思わず出てしまうことがあるそうです。
瞬きの回数が少ない方が嘘をついているとか。
相手に嘘がばれないようにと辻褄を合わせて、頭を使うので集中していると目の周りが硬くなるので瞬きが減るんですって。
嘘をついているときはしゃべり終わったあとに口を一文字に強く結ぶことがある。
なるべく余計な情報を口から出さないようにしているからやってしまうんですって。
質問をオウム返しにするのが嘘がついているポイントなどなど。
自分が嘘をつくときはどうだろうか?と思い返してみても全くわかりません。
相手のことをじっと見て判断できる人はある意味で怖いですよね。
小説の中の探偵や刑事などがよくそんなことをしていますけど、身近にはいて欲しくないです。

ふるさと納税の返礼品

インスタグラムには全く興味がありませんが、ブログやTwitterはみてますよ。
その中で出身地のふるさと納税の返礼品についての感想が書かれていました。
返礼品と聞いたら各地の名産が送られてくるものであって、納税した人がお得だし楽しいというイメージがあります。
しかし上記の方のところは、ペーパークラフトとか猫には見えない猫の置物とか馬の置物とか・・・。
返礼品が高級品になるのを防ぐ動きがある中でも、そんなものを返礼品にするところがあるんだなぁと驚きました。
恐らくというか確実に真面目な顔をしてこれに決めたんですよね。
とくに、繭に猫のイラストが入っているものはシュールすぎて、お土産屋さんにあったとしても絶対に買わないタイプのものですよ・・・。

熱意が凄い

ひとことで「オタク」と言っても様々なものがあるし熱意も違いますよね。
基本的にはある程度のオタクは全く構わないと思っています。
ただ、今の職場でとあるアニメにはまっている先輩薬剤師Lさんが少々心配するレベルです。
アニメ放送が終わってから映画化した去年、何回も何回も映画館に行っていました。
同じ映画を50回以上見るとか正気の沙汰じゃない・・・というのが私の意見です。
だって仕事が終わっても行くし休みの日は朝から晩までずっと映画館にいるんですよ。
それも1人で。
その度に「何度見ても大号泣!」って。
2回目のテレビ放送から映画になるのも凄いけどそれで終了かと思ったら、テレビ放送のを編集して新たなシーンも少しいれて映画化、そして今また新しいのを映画化。
来年は新作映画ですって。
Lさんのようにお金を落とすファンが多いんでしょうね。

おひとりさま宿特集

おひとりさま宿特集を見ました。
別府の温泉宿で一泊二食付き1万円弱。豪華な食事プランは2万年以上。
なんと、絶景部屋を優先的にしてくれるそうですよ。
そりゃ、1人だから眺めがよいところじゃなきゃ間が持たないしね。(笑)
トッキングチェア付きでゆったりとしたお部屋です。
温泉が好きではないし、旅行も行きたくない私としては一日自宅に引きこもっている方がいいですけどね。(笑)
写真をとってFacebookにあげて、いいねをもらう。だって。
私はそういうSNSの使い方をする人は嫌いなタイプですね。
そんなのしてもらって何が楽しいのかぜんぜんわかりませんし、いいねをしないといけないような間柄とか面倒です。
でも1人でも温泉に行きたい人や認証欲求がある人には良いのかもしれませんね。