熱意が凄い

ひとことで「オタク」と言っても様々なものがあるし熱意も違いますよね。
基本的にはある程度のオタクは全く構わないと思っています。
ただ、今の職場でとあるアニメにはまっている先輩薬剤師Lさんが少々心配するレベルです。
アニメ放送が終わってから映画化した去年、何回も何回も映画館に行っていました。
同じ映画を50回以上見るとか正気の沙汰じゃない・・・というのが私の意見です。
だって仕事が終わっても行くし休みの日は朝から晩までずっと映画館にいるんですよ。
それも1人で。
その度に「何度見ても大号泣!」って。
2回目のテレビ放送から映画になるのも凄いけどそれで終了かと思ったら、テレビ放送のを編集して新たなシーンも少しいれて映画化、そして今また新しいのを映画化。
来年は新作映画ですって。
Lさんのようにお金を落とすファンが多いんでしょうね。

おひとりさま宿特集

おひとりさま宿特集を見ました。
別府の温泉宿で一泊二食付き1万円弱。豪華な食事プランは2万年以上。
なんと、絶景部屋を優先的にしてくれるそうですよ。
そりゃ、1人だから眺めがよいところじゃなきゃ間が持たないしね。(笑)
トッキングチェア付きでゆったりとしたお部屋です。
温泉が好きではないし、旅行も行きたくない私としては一日自宅に引きこもっている方がいいですけどね。(笑)
写真をとってFacebookにあげて、いいねをもらう。だって。
私はそういうSNSの使い方をする人は嫌いなタイプですね。
そんなのしてもらって何が楽しいのかぜんぜんわかりませんし、いいねをしないといけないような間柄とか面倒です。
でも1人でも温泉に行きたい人や認証欲求がある人には良いのかもしれませんね。

素敵な選手でした

ロシアのフィギュアスケーター、リプニツカヤの引退報道にとてもショックです。
噂ではあったけれど本人が宣言したわけではないから・・・と思っていましたが現実のものになってしまいました。
ロシアはオリンピックに合わせて幼い頃から選手強化をしていたそうで、成功例でもありましたね。
年度が替わる度に恐ろしいほどの完成度を持った子がジュニアからシニアにあがってきます。
女子ではメダルをロシアが独占するのも珍しくないくらいです。
シニアですぐに活躍してそしてすぐに引退してしまうのがロシアでは多いように見えます。
日本選手以外で好きな選手と言えば、可愛らしいリプニツカヤでした。
もう彼女のキャンドルスピンを見ることが出来なくなってしまいました。
でもずっと苦しんできた彼女を責めることはできません。

樹木葬が増えているそうな

樹木葬というのをご存知ですか?
その字のまま、遺骨をそのまま地中に埋めて目印に木を植えて埋葬することです。
海に散骨するとかは聞いたことがありますけど、こういう方法もあるんですね。
終活バスツアーなどもあり、自分が亡くなったあとのことも気になる人は多いようです。
1人用の小さな石があるだけのお墓など周りは木など自然あふれる墓地などなど。
自分が死んで迷惑をかけたくないという人が多いので、その費用は自ら出す人も増えつつあります。
私の両親もそうですよ。
自分達で墓石を買ってしまいましたね。
自分が亡くなったあとのことまで考える余裕は今のところないのですが、派手なお葬式もお墓もいらないです。
樹木葬なら自分一人でもないので良いかもしれませんね。

ある医師をかばった女性

彼女の彼氏は医師でした。学校医への転職経験もありました。
二人はとても仲が良くて、周りからもうらやましがられていましたが最悪なことに彼は医師としてはあまり優秀ではなかったのです。
彼を知る人たちは、皆知っていました。
私もわかっていましたし、彼女もまた分かりきって交際していました。
彼の勤める病院の看護師達は彼の指示で動くことがとても怖いというほどでした。
それは過去に謝った指示をだしてしまったからなのです。
たまたま気になったほかの医師が確認をして発見してくれたからよかったものの、そのまま看護師が薬を投与してしまっていたら、大変なことになってしまったことは間違いなかったでしょう。
こうしたことも彼女はかばって私たちには話をしていました。
好きな人をかばう気持ちはわかりますが、大事なことはしっかり言っておいたほうがいいと私は思いますし、それが彼のためにもなると思います。
医師は人の命を預かるという重大な責任があるのですから、彼にももっとしっかりしてほしいと思います。
かばうのではなく、認識させてあげることが大事ですよね。

ボディドライヤー

ボディドライヤーというのをテレビではじめて見ました。
家庭用の体重計みたいなサイズのもので風がそこからブワーっとくる仕組みです。
トイレにあるようなハンドクリーナーと同じようなものですね。
あのさあ、これ、ものすごい乾燥しそうですよね。
お肌の為にはお風呂場で保湿をした方が良いらしいくらいなのにこれはちょっとどうかなぁ。
びっちゃびちゃのまま保湿して塗ればいいとか?
男性は保湿をしないからいいかもしれないけど、30秒で渇くくらいの温風?強力な風?だと嫌ですね。
しかも、バスタオルが必要ないという意味ではなくて、ある程度はふかないといけないみたいですよ。
水浸しで乗ったら乞われちゃうでしょうね。
1万円ちょっとのお金を出してもこれはいらないかなぁ。

保育士のペットライフ

最近ペットを飼おうかなって思い始めた、というのも職場にある水槽の熱帯魚が可愛くってついに自分でも飼ってみようかなと思ったからなんだけど。

保育士の仕事をしてるけど、私の職場はけっこう人の出入りがあって。大きな水槽がエントランスにおいてあるんだけど、その中には6種類くらいの熱帯魚達が泳いでる。もともと水族館とか好きだから、初めから気になってはいたんだけども仕事中はゆっくり見る時間はないし。保育士仲間や先輩はペット飼ってる人あまりいないし、実家もマンションだから昔からペットって憧れてて。

でもいざ一人暮らしして保育士の仕事ってなったら、今度は毎日お世話できるのか心配だったりうるさいと近所迷惑になるとかもあるし。熱帯魚はけっこう難しいってネットに書いてたし、保育士の先輩もペット初心者にはオススメしないって言ってて。だからすごい勉強はした、んで飼いやすいタイプの熱帯魚から飼ってみて徐々に水槽のサイズ大きくしていこうかなって思って。

隣町に熱帯魚専門に扱ってるお店があるから、そこに見に行ってみようと思ってる。見たら欲しくなってそのまま買って帰ってしまうんじゃないかなって思うけど、それはそれできっかけになるからいいかもしれないし。

そうそう。職場の同僚は女性中心なんだけど、今度はじめて男性保育士が転職してくるの。男性の保育士も増えてきていますからねぇ。男性向けの転職サイトも出てきてるくらいですからね。割合で言うと、男性はまだ全体の3%程度みたいだけど、それでも昔は1%をきっていたから、やっぱり急増してるよね。

派遣社員を気遣ってのことだったのに

うちの職場には派遣社員が一人しかいない。たぶん紹介予定派遣というやつだ。わからないかたはここをみてほしい。派遣だからって悪い意味ではなく孤立してしまっている。挨拶もするし仕事もできるし、でもあまり同僚達で派遣社員と話してる者はおらず。それで気になったので、昼休みに話しかけてみた。普通に気軽に話しかけたつもりだったが、なんだか反応が良くなかった。そのまま普段通りに話そうと思ったがなんだか嫌そうな雰囲気だったので、仕事のことについて話したがそれでも態度は変わらなかった。

これはまずいかもしれないと思って、結局何が言いたかったのかわからないと思われるのを覚悟で話を切り上げ派遣社員との会話を終えた。あまり人と話したくないのだろうか、仕事に集中したいタイプだったのか。そしてそれ以来、どうも私は派遣社員から避けられている気がする。きっとあの声を掛けたことがきっかけだったのは間違いない、でも何も気に障るようなことをした覚えはないし避けられるほどのことをした覚えもない。

もしかして声を掛けたということがいけなかったのだろうか、他の同僚に聞いても特にそのことに気付いている様子でもなかったが派遣社員についてよく知っている者もいないので肝心な理由については知りようがない。これから避けられたままなのだろうか、なんだかよっぽど悪いことをしてしまったような気分だ。

時は流れるものだから

むかーしむかし、私がまだ女子高校生だったころ。
カリスマ的な人気の歌姫とされていた人の今の状態は、少々痛々しいです。
それでも一般人よりは「上のレベル」にいるんだとは思いますけどね。
太ったとか顔が丸いとかアンチもわらわらいます。
そんな彼女が数年振りに出たバラエティ番組。
その放送を見た先輩薬剤師PPさんが、「おばさん化しててびっくりした」そうです。
お金持ちなんだからその資金でダイエットとか簡単に出来るでしょうに・・・。
あと、お手伝いさんだかハウスキーパーだかと5人ほどやとっているって。
海外で通訳もかねてお世話をしてくれる人を雇うならともかく、日本で5人?
正直いって1人いれば十分だと思いますけど。
いったい何をしてもらのか一般人にはさっぱりわかりません。

母の日のプレゼント

みなさんは母の日はどんなプレゼントを用意していますか?
私はプレゼントではなく、当日の夕食を母の日用にすることを毎年しています。
そう言うと、その方が良いって言う人とプレゼントをあげないんだね・・・という微妙な反応の人がいますね。
結婚して実家を出たらプレゼントを贈る方にすると思いますが一緒に住んでいるのだから、今はこの方法で良いかなと思います。
本当は食事だけではなくプレゼントもあれば完璧ということですかね?
でも作るものを決めて材料を買って作業するのだって結構大変なんですよ。
もともと夕飯はつくるのだから、それプラス母の日用の見た目と食材にしないとっていろいろ考えることが多いです。
あとはケーキも焼きますよ。